炭酸水を自分で簡単に作る!大人気の炭酸水メーカー ソーダストリームsodastream どの機種にするか違いを比較!

炭酸水を自分で簡単に作る!大人気の炭酸水メーカー ソーダストリームsodastream どの機種にするか違いを比較!

自分で炭酸水を作る!口コミでも大人気の炭酸水メーカー「ソーダストリームsodastream」

いざ購入しようとしたら、機種が色々あってどれを買っていいのやら。。。

比較して違いをご紹介します。強炭酸の作り方などもご紹介しています。

 

炭酸水メーカー ソーダストリームsodastream どれを買ったらいいの??

話題の炭酸水メーカー、ソーダストリームsodastream

渡部さんがCMしています。


水を入れてボタンを押すだけ!それだけでお家で簡単に炭酸水ができます。

取り扱い店舗、ソーダストリームsodastream公式ページ、Amazon、ヨドバシカメラ、楽天、などのショッピングサイトでも購入できます。

私はヨドバシカメラの店舗で購入しました。

ソーダストリームsodastream公式ページはこちら

※Amazonでご購入の際には、Amazonの中のソーダストリーム公式ショップでの購入をお勧めします。

 

スポンサードリンク




1 炭酸水を作るメリットは?

メリットその1 安い!

ソーダストリームでは500ml1本あたり約18円!
ガスシリンダー1本で、ペットボトル約120本分もの炭酸水が作れます。
(※本数は炭酸の強弱などによっても異なります)

メリットその2 ゴミ激減!

金銭的にも大変嬉しいことではありますが、
普段から炭酸水を飲んでいるあなたが感じる一番のメリットはこれではないでしょうか。
ゴミが激減する!
実際のところ私はこれが一番でした。
毎日毎日ペットボトルのゴミがたまっていたのが激減して心の負担も激減です。

メリットその3 飲むだけじゃない!

〇炭酸水で顔を洗う
〇炭酸水で頭皮を洗う
〇炭酸水を掃除に使う
〇炭酸水でふっくらご飯を炊く
〇炭酸水でふわふわだし巻き玉子

買ったペットボトルの炭酸水では何となくもったいなくてやらないこんな使い方もできます。

2 炭酸水メーカーのデメリットは?

こちらのソーダストリームにつかうガスシリンダー。
こちらは普通のゴミには出すことができません。
メーカー回収、又は次にガスシリンダーを購入の際に交換となります。

ガスシリンダー購入の際に、空のガスシリンダーを持っていくと購入する新しいガスシリンダーが1,000円引きとなります。

私などは、ヨドバシカメラが近いので店頭交換できるのでとても便利です。

近くに店頭交換できるお店がない場合は、少し不便ではあります。

3 さて本題、ソーダストリームの中でどれを買うか?

もう、炭酸水メーカーsodastreamを購入することは決めた。
でもなんだか色々な種類が出てきます。
で、どれを買えばいいの??

ソーダストリームsodastreamは4種類

ソーダストリームsodastreamには以下の4種類があります。2018年9月調べ

機種名 価格(税抜き)
1 全自動モデル
Source Power(ソース パワー)
スターターキット
29,000円
2 プレミアムモデル
Source v3(ソース v3)
スターターキット
19,000円
3 スタンダードモデル
Spirit (スピリット)
スターターキット
14,000円
4 ベーシックモデル
Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス)
スターターキット
12,000円

それぞれの特徴です

次にそれぞれの特徴を書いてみました。

機種名 主な特徴
1 全自動モデル
Source Power(ソース パワー)
スターターキット
カラーは白の2色
ボタンひとつ全自動で楽々です。
LEDライトで炭酸の強弱がわかります。
電源コードが必要です。
2 プレミアムモデル
Source v3(ソース v3)
スターターキット
カラーはの3色
手動で電源が必要ありません。
LEDライトで炭酸の強弱がわかります。
3 スタンダードモデル
Spirit (スピリット)
スターターキット
カラーはの3色
手動で電源が必要ありません。
1リットルボトルに加え、500mlボトルもついています。
4 ベーシックモデル
Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス)
スターターキット
カラーは白の2色
手動で電源が必要ありません。
ボトル装着がスクリュー式です。
安いです。

その他の細かい仕様につきましてはソーダストリームsodastrema公式HPにゆだねます。
ソーダストリームsodastream公式ページはこちら

ガス抜きやボトルの設置など細かい違いもあります。

下記に選び方を記します。

 

スポンサードリンク




いったいどの機種を選んだらいいのか?

機種名 選びどころ
1 全自動モデル
Source Power(ソース パワー)
スターターキット
コンセントがある場合で、値段も気にしないようであれば
こちらが買いです!
全自動はやはり楽です。
2 プレミアムモデル
Source v3(ソース v3)
スターターキット
3と比較した主な違いは、炭酸の強弱が光りで見えるところ。
炭酸ボタンが大きく動くため力いらず。
有名デザイナーのデザインです。
3 スタンダードモデル
Spirit (スピリット)
スターターキット
私の一押し!500mlボトルもついています。
炭酸の強弱LEDはありませんが、使っていると加減がわかります。
ボトルも装着しやすいワンタッチ式。スタイルも好き。
4 ベーシックモデル
Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス)
スターターキット
とにかく安くてよいならこちらでも全く問題なし。
個人的にはボトル装着を回して取りつけるところがネック。

ということで、私は今回おすすめしている一押しの3番Spirit (スピリット) を選びました。

どの機種もそれぞれいいところ、イマイチなところがあります。

値段との相談もあります。

1.値段はいくらでも。コンセントあってもいいよ。というなら迷わず1番の全自動Source Power(ソース パワー)

2.炭酸の強弱を目で確かめたいのです。光りで!という場合は2番のSource v3(ソース v3)

3. ボトルがもう1本ついてるし、スタイルがスッキリでボトル脱着もワンタッチ♪という私は3番のSpirit (スピリット)

4. 普通に使えれば全く問題ないのです。安いし。ということであれば4番Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス)

ヨドバシカメラで購入しました。ヨドバシポイントもつきました^^

本当に簡単に作れます。電源が必要ないのでどこでもできます。

4 使いはじめてから調べたこと

私が選んだ3番のSpirit (スピリット)

全く問題なく、とっても快適にハードに使っています。

はじめ常温の水から炭酸水を作って、氷を入れてお酒を入れてサワーで飲んでいましたが、
どうも炭酸が弱い。。。

そこで調べてみました。

強炭酸にするには

①キンキンに冷えたお水を使う
②炭酸水を作ってから少しおく

常温の水を使用していましたが、冷たい水のほうが炭酸が溶け込むらしいです。

そしてなじませる。

これでバッチリ強炭酸です!

ボトルに種類がある

私の購入した3番のスピリットに付属していたボトルは、底が取れません。

安い4番のV2についているボトルは底が金属性で取り外して洗えるとのことです。

ボトルにつきましては販売していますので別途購入可能です。

ガスシリンダーの交換

最初にも書きましたが、ガスシリンダーは廃棄できません。

全て交換となります。

取り扱い店舗に空のガスシリンダーを持っていくと、1000円引きで交換してもらえます。

近くに店舗がない場合は、公式HPより申し込めば、新しいものをお届けの際に交換品を引き取ってくれます。

詳しくはこちら

sodastreamオンラインショッピングページ内のガスシリンダー(交換用)購入ページから購入。
ガスシリンダー(交換用)購入ページはこちら

※Amazonでご購入の際には、Amazonの中のソーダストリーム公式ショップでの購入をお勧めします。

 

是非あなたも快適な炭酸ライフを♪♪

 

スポンサードリンク